診療内容

部分入れ歯

歯が一部残っている場合には部分的な入れ歯を作製します。
残っている歯に金属の金具をひっかけることで、入れ歯が外れないように支えます。

【症例】

総入れ歯

歯が全く残っていない場合に作製します。
部分入れ歯のように、ひっかけるところがないため、吸盤の原理で粘膜に吸着させます。

自費の入れ歯

◎ノンクラスプデンチャー
保険の入れ歯では金属の金具が目立つため、金具を特殊な樹脂で作製することで金具の目立たない入れ歯にすることが可能です。
(設計が不可能なケースもありますので、詳しくは担当の歯科医師にご相談ください)

◎金属床義歯
保険の総入れ歯は基本的にすべてレジンとよばれるプラスチックでできています。
一部をチタンなどの金属にすることで、より薄く軽い入れ歯にすることが可能です。

◎コンフォート義歯
入れ歯が外れやすい場合、義歯の内部を生体シリコン製にすることで外れにくい入れ歯を作製することが可能です。

樫デンタルクリニック診療カレンダー
※水曜午後は手術および訪問診療のみ

English page here

KASEBA